ホロデッキ思ったことをぽつぽつと書いてみるブログ。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://holodeck.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

神は存在するか

   ↑  2012/02/06 (月)  カテゴリー: 哲学
中学生の頃、何だったか忘れましたがキリスト教系と思われる新宗教を信仰しているクラスメイトがいて、その伝道用に作られたであろう絵本を見せられたのを覚えています。

そこには、石を叩いて作られた打製石器の絵が描かれていました。石器の中でも特に単純なもので、道具として使いやすいように石に最小限の加工をしたものです。
その絵に続く文は、確かこんな感じでした。「このような単純なものにさえ、人間という製作者がいたのです。それならば、その石器よりも遥かに複雑にできている我々人間にも、製作者がいると考えるべきではないでしょうか」
その人間を製作した者とは、言うまでもなく創造主としての神のことを指しています。

はたして神は存在するのでしょうか。上の絵本の説について、すぐ疑問に思うことがあります。石器を作った人間。人間を作った神。ならば、その神を作った神も存在するのではないか。そのまた神の神を作った神も……。

このような無限ループに陥らなくとも、私がこの宇宙に意思を持った生命として存在している理由を考える時、それは神の意志なのだとして、ではその意思を持った神が存在している理由を問うても納得のいく答えがないのでは、私の存在理由を神に求めるという方法は失敗に終わります。

しかし、例えば生物をはじめ自然界のあまりにもよく作られた仕組みを見ていると、そこに何らかの超越的な意思が関与しているのではないかと思える時があります。神など存在しないと、簡単にばっさりと切り捨てることはできません。

神は存在するかという問いは、死んだらどうなるかという問いと同様、最後まで答えの出ない問題なのかもしれません。
スポンサーサイト

(記事編集) http://holodeck.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

2012/02/06 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2015/08/17 (月) 07:41 No.2

コメント:を投稿する 記事: 神は存在するか

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。